top of page
検索
  • 石原 一雄

雨漏りの原因は屋根?壁?


先週から豪雨や夏日やら急に寒くなったり、とても天気が荒れていますね。私も経験したことのない11月の天気に戸惑っていますが、夏からほとんど強い雨が振らなかったせいか、この前の豪雨で一気に雨漏りのお問い合わせぎ増えました!


さて、雨漏りの原因については何度もブログで書いてきましたが、本当に謎深いもので、いろんな原因があるので生き物を相手にしている感じです!

こちらが甘くみてると噛みついてきたり、ツンとするとすぐに答えを出してくれたり。例えが下手くそですが、決まった答えもなければ法則もない。100件の雨漏りがあれば原因も100通りは言い過ぎですがそんな感じであります!


その雨漏りの原因で部位で分けるとすると、屋根か壁に大きく別れます!この違いは実は調査に大きく関わり、屋根だと思って登ったら壁だったり、壁だと思って梯子を用意したら屋根が原因だったり。


どちらの原因が多いか。

答えはわかりませんが、最近は壁のほうが多い気がします。瓦はズレたり割れたりしない限り雨漏りになる確率が低いので、日本の場合はまだまだ瓦屋根が多い分、そのリスクは低いですね。そして、厄介なのはゲリラ的に吹く強風を伴った風雨です。この気象条件が近年多いことで、壁の亀裂やシーリングの劣化からすぐに雨漏りするケースが増えてきた気がします!

ただ雨漏りは生き物。尻尾を捕まえても簡単には頭は出てきません!もっと多くの経験を積んで最短で原因を捕まえれるように精進します!

押忍!!

最新記事

すべて表示

能登半島地震から始まった2024年

令和6年能登半島地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。皆様の一日も早い復旧、復興を心よりお祈りいたします。 さて、当社の営業は1月8日(祝月)からでしたが、能登半島地震の発災により1/2より順次対応しております。幸いながら小松本社、小松倉庫、津幡営業所は家財の転倒などはあったものの、大きな損害はありませんでした。また社員全員の無事も確認できています。多くの皆様からご心配や激励を電話やSNS

Comments


bottom of page