top of page
検索
  • 石原 一雄

能登半島地震から始まった2024年

令和6年能登半島地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。皆様の一日も早い復旧、復興を心よりお祈りいたします。 さて、当社の営業は1月8日(祝月)からでしたが、能登半島地震の発災により1/2より順次対応しております。幸いながら小松本社、小松倉庫、津幡営業所は家財の転倒などはあったものの、大きな損害はありませんでした。また社員全員の無事も確認できています。多くの皆様からご心配や激励を電話やSNSを通じて頂きましたことにもこの場を借りて改めて感謝申し上げます。 発災から3日経ち、報道でもあるように至る所で被害が鮮明になってきました。当社への連絡も少しづつ増えてきておりますので、改めて今後の建物の修繕についてお知らせします。 住宅の修理については災害救助法による大規模半壊、中規模半壊、半壊、準半壊した世帯を対象に、各自治体が応急的な対応をしていますので、お住いの自治体窓口へご相談下さい。 石川県加賀方面(能美市、小松市、加賀市)は恐らく準半壊かそれ以下の軽微の破損が起こっているものと思われます。準半壊にもならない以下のような軽微な破損は被災者の負担にて修繕を行わなければなりません(火災保険加入者は適用の場合もあります) 例)・屋根瓦の部分的なズレや割れ

  ・屋根材の部分的な破損

  ・外壁のひび割れ

  ・建具の破損

  ・基礎、ブロック塀の破損、ひび割れ

このような被害があった場合は、雨漏り対策としても、応急的にも処置が必要な場合がありますのでまずは当社にご連絡頂ければと思います。


受付電話番号:0761-43-2201 受付メール:info@ishihara-ko.com




最新記事

すべて表示

ゴールデンウィークも終わりました

久しぶりの投稿となってしまいました。皆様GWもいかがお過ごしでしたでしょうか。天候がよく、夏日になる日もあったのであちこちお出かけになられた方も多いのではないでしょうか。 私事ですが、4月中頃から疲れが溜まっているのか腰を何度もやってしまい、病院と接骨院やマッサージをしながら現在に至ります。お陰で長時間椅子に座ることもできず、パソコン作業がこれほどできない時は初めてでした。ほんと、身体は資本と言い

Comments


bottom of page