top of page
検索
  • 石原 一雄

突風の影響は外壁をも・・・

先日の突風で外壁の一部が剥落(はくらく)しました。周辺でも足場が倒壊したり、屋根材が飛んだり、板金がめくれたりと被害が数多く出ていました。 当社も数件の修理依頼を頂き、順番に補修を進めています。 そして、ご存知ない方もいらっしゃいますが、風による建物への被害は皆様ご加入されている火災保険で補修することができるかもしれません。もし建物の破損があり、なおすとお金がかかってしまうと悩んでる方がいらっしゃればご相談頂ければと思います。但し、保険が下りないケースもありますし、悪質な業者に騙されない為にも、地元の企業や、自社で職人と言われる社員を雇用してる企業などを頼ることも解決の一つだと思います。 当社では外壁や屋根の修理だけでなく、保険申請のサポートもしておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。詳細は⇓こちらです


最新記事

すべて表示

能登半島地震から始まった2024年

令和6年能登半島地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。皆様の一日も早い復旧、復興を心よりお祈りいたします。 さて、当社の営業は1月8日(祝月)からでしたが、能登半島地震の発災により1/2より順次対応しております。幸いながら小松本社、小松倉庫、津幡営業所は家財の転倒などはあったものの、大きな損害はありませんでした。また社員全員の無事も確認できています。多くの皆様からご心配や激励を電話やSNS

Comentarios


bottom of page