top of page
検索
  • 石原 一雄

外壁のサイディングがポロポロと落ちてくる

皆さんのお家の外壁の表面がポロポロと剥がれ落ちてきていませんか?写真のように窓廻りや、基礎近くの下の方などよく見て下さい! このような状態になっていたら早急に補修が必要です! 理由は簡単!!

進行し続け、どんどん外壁が落ちていくからです!!

しかもこの現象は『凍害』と呼ばれ、雪が多い年になりがちなのです!このようになるメカニズムは追ってご説明しますが、簡単に説明すると、表面の塗装が劣化し、雨水ははじかなくなっている(撥水しなくなっている)状態です。

このような状態になると、あとはどんどんポロポロ落ちる面積が広がるだけです。


ひどくなると、外壁材の張り替えや上から張るカバー工法に切り替えないといけません。


見た目も悪いので、この冬を越す2月3月あたりに外壁材はチェックして、このようになっていれば、ご連絡下さい。早めの対処がポイントです!!




最新記事

すべて表示

能登半島地震から始まった2024年

令和6年能登半島地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。皆様の一日も早い復旧、復興を心よりお祈りいたします。 さて、当社の営業は1月8日(祝月)からでしたが、能登半島地震の発災により1/2より順次対応しております。幸いながら小松本社、小松倉庫、津幡営業所は家財の転倒などはあったものの、大きな損害はありませんでした。また社員全員の無事も確認できています。多くの皆様からご心配や激励を電話やSNS

Comments


bottom of page